次のばらばらのカタカナから8つの犬の種類の名前(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんなワンちゃんが見えてきますか?

[ウ][カ][ク][タ][ツ][ド][ド][ド][ド][ハ][ラ][リ][ン][ン][ー][ー]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)














































アラスカン
ウンド
ブラツクア クーンハウンド
ラブラ








































8つのワンちゃんの品種の名前は分かりましたか?

ヒントが欲しいですか? 8つのうち、1つだけ紹介しましょう。これです。

「ベルジアン・シェパード・タービュレン」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「ラブラドゥードル」



まだ難しい? これが最後のヒントです。 2ついきましょう。どうぞ。

「ハイブリッド・ウルフ」

「アラスカン・クリー・カイ」



ワンちゃんいろいろ


ワンちゃんたちはこの8種です。

  1. レークランドテリア (レー【クランド】テリア) → レークランド・テリア
  2. ハイブリツドウルフ (ハイブ【リツドウ】ルフ) → ハイブリッド・ウルフ
  3. ベルジアンシエパードタービユレン (ベルジアンシエパ【ードター】ビユレン) → ベルジアン・シェパード・タービュレン
  4. カラカハンドツグ (カラ【カハンド】ツグ) → カラカハン・ドッグ
  5. アラスカンクリーカイ (アラスカン【クリーカ】イ) → アラスカン・クリー・カイ
  6. ブラツドハウンド (ブ【ラツドハ】ウンド) → ブラッドハウンド
  7. ブラツクアンドタンクーンハウンド (ブラツクア【ンドタン】クーンハウンド) → ブラック・アンド・タン・クーンハウンド
  8. ラブラドウードル (ラブラ【ドウード】ル) → ラブラドゥードル













































アラスカン
ウンド
ブラツクア クーンハウンド
ラブラ








































ワンちゃんのひとくち情報

主従関係と愛犬
犬の問題行動の解決やしつけですごく重要なのが「主従関係」です。ワンちゃんと飼い主さんが適切な主従関係にないと、犬は問題行動を起こすようになります。逆にきちんと主従関係ができていればワンちゃんは飼い主さんに従うことに喜びを感じ気持ち的にも安定しています。適切な主従関係の維持には注意すべき事がいろいろあります。

野良犬
昔に比べると野良犬を見る事が減ったと思いませんか?昔は外を歩いていると、よく野良犬を見かけたように思います。そういう野良犬を拾って、家に連れ帰る子供たちとその親との間で、「飼う・飼わない」の言い合いもよく耳にする話だったと思いますが、近頃は野良犬自体を見かける事がなくなりました。

バリエーション
犬ほどバリエーションに富んだ生き物っていないと思います。大型犬と小型犬の差はものすごい差ですし、ダックスフントなど姿かたちも独特な犬もいます。毛の長さや状態なども様々。これほど多様化したのは、人間との犬のかかわりが大きいです。決して自然だけの産物ではないです。

しつけ上手
犬のしつけにはコツがあります。でも、意外に知られていないコツです。身近な犬だけに、見落されがちな特徴があり、それがしつけの苦労につながってます。愛犬がいうことを聞かないのは、もしかしたらあなたの思いが通じていないからかも。しつけのコツは昔と違って、本とかDVDとか手に入りやすくなってます。どうせならしつけ上手になりましょう。

犬の問題行動
愛犬との生活で愛犬の問題行動といえば、「トイレの失敗」「無駄吠え」「飛びつき」「噛みつき(あまかみ)」「待てができない」「拾い食い」「落ち着きがない」「物を隠す」「ハウスに入らない」「いたずら」・・・いろいろありますが、どれも適切なしつけで解決が可能です。

大人二キビについて大人二キビのことのはなし.

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて
Copyright © 2009-2012 犬の名前を組み立てる頭のトレーニング. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)